お米は高温多湿が苦手!

お米は生きています。
春夏秋冬。。。私たちの過ごし方が違うように、お米にも適した過ごし方(保存方法)を!

夏です!暑い夏がやってきました。

夏の暑さ、そして湿度の高さは、わたしたちにとって快適とは言えませんね。

熱中症に注意!充分気をつけなければなりませんが、みなさん大丈夫ですか?

この環境、高温多湿は、お米にとっても、とても苦手な環境なんです。

早く劣化したり、食味が落ちたり。。。

米虫が発生しやすくなってしまいます!

特に、さんべ浮布米は減農薬で栽培し、残留農薬ゼロ!

保管中も精米工程においても殺虫剤や防虫剤などをいっさい使用していません。

米虫にとっても、生きていられる安全なお米なんです。

。。。とは言っても、米虫の発生は避けたいものです!

ほんの少しの心遣いで、いつもまで美味しいお米をお楽しみください。

 お米の保存方法

1、保存場所・・・風通しは良く・涼しく・暗い場所。
          『冷蔵庫』の野菜室が最適!

2、保存容器・・・密閉された容器、ペットボトルも最適!
                   お米が届き次第、密閉容器に入れなおすことをオススメします。
       
 ( 購入時の袋には、陳列の際の破損を防ぐ為の小さな穴が開いています。
        そこから空気が出入りし、お米の劣化・米虫の発生原因となってしまいます。) 

         機械式の米びつ器は、非常に便利ですが古いお米や米ぬかがたまりやすいので
                 気をつけてください。

   ※ 新しいお米を入れる時は、古いお米を使い切り、容器を掃除することを心がけましょう。

3、保存期間・・・春(4.5月) 1ヶ月程度
          夏(6~9月) 15日程度
          秋・冬(10月~3月) 2ヶ月程度

    たくさん購入された場合は、なるべく空気に触れないように真空保存されることをオススメします